人気急上昇!「六華苑」のロケーション撮影 | フォトウェディング&前撮りは名古屋のオシャレなウェディングアベニュー

人気急上昇!「六華苑」のロケーション撮影

風情漂うお茶室での和装撮影

ついに!!!
春がきましたね♪桜も開花し、お天気もぽかぽか陽気。
日向ぼっこがしたいなぁと思う今日この頃です(*´ω`*)

本日はウェディングアベニューで人気急上昇中の「六華苑」のご案内です。

大正二年に完成の六華苑は、鹿鳴館を設計したイギリス人建築家ジョサイア・コンドルによる四層の搭屋を持つ洋館と和風建築及びその前庭の池泉回遊式庭園などがあり、明治・大正期を代表する貴重な建物として国の重要文化財に指定。

また最近では大河ドラマのロケーション地としても使用されました!

明治・大正にタイムスリップしたような雰囲気の中での撮影を堪能してもらえます。

ではお写真を見ながらタイムスリッーーーーーーープ!!

明治・大正時代へタイムスリップ

大正時代にタイムスリップ気分でロケーション撮影

ひときわ目を引く水色の洋館。

明治・大正期を代表する貴重な建造物として国の重要文化財に指定されているというのも納得。
明治・大正へとタイムスリップした気分になれる。

撮影でなくてもお散歩やデートにも行ってみたい場所です(^^♪

水色の洋館をバックにドレス撮影
こんなシチュエーションでプロポーズは素敵
指輪をパカリとスタンバイ
ガーランドを手に入チーズ

アンティークに囲まれて

おしゃれなシャンデリアと新郎新婦様

水色のインパクト大の洋館の中でお撮影風景。

クラシカルでアンティークな場所は東海地区ではここだけなんじゃないかと思うほど。

扉、シャンデリア、階段などどこを見てもうっとり。

ウェディングドレス姿の新婦様
振り向き顔の新婦様の笑顔
手を握って見つめあう新郎新婦
シャンデリアが大正の面影感じる
古き良き大正へとタイムスリップ4
エンジのじゅうたんが撮影のいいアクセントに

情緒漂うお茶室

情緒漂うお茶室で和装撮影

お茶室といってもそれぞれの場所によって雰囲気が違います。

やはり和館でも独特な存在感!!

奥へと続く廊下、広い畳の部屋、床の間と古き良き時代へのタイムスリップ。

お二人も映画の主人公のような1枚を撮っていただけます。

縁側で新婦に膝枕をしてもらう新郎様
赤い色打掛の新婦様の後ろ姿
黒い紋付袴の新郎の胡坐姿
立派な掛け軸の前で正座して撮影

18000平方メートルに及ぶ広大な敷地にある庭でのびのび撮影

芝生広場でイニシャルのボードを使って

芝生が広がる場所でウェディング撮影。

洋館をバックに撮影したり。

カメハメハ!!!を思いっきりしたり。

童心に戻って楽しんじゃいます(^_-)-☆

カメハメハ!!ナイスタイミングのショット
暖かい光がまぶしいロケーション撮影
洋館がクラシカルな六華苑でのロケーション撮影
後ろからぎゅっと抱きしめて

和装は日本庭園が美しい。

四季折々の庭園が見どころで新緑や紅葉のシーズンが特におススメ!!

また桜並木もありきれいに咲き誇りますが半年前からの予約必須!!

紅葉がきれいな日本庭園で和装撮影
見つめあい微笑むラブラブなお二人
和傘をさして素敵な写真
赤い色打掛が良く似合う新婦様

明治・大正へのタイムスリップいかがだったでしょうか?

その時代に生きてきたわけではないですがどこか懐かしさと新鮮さ。
言い表せない美しさと歴史に圧倒されます。

また現地集合・解散もできその後はアウトレットなどへの寄り道なんかもしてもらえます♪

では次回のブログもお楽しみに(^^)/

一覧へ戻る

RESERVATION